当前位置 : 首页 > 本系概况 > 本系概况
本系概况

四川大学外国语学院日语专业成立于中日邦交正常化后的1973 年,并在当年面向全国招收第一批日语本科生,是全国最早建立的日本语言文学专业之一。 1999 年开始招收硕士研究生,2003年由教育部批准,作为日本语言文学硕士点开始独立招生,迄今为止已培养了200多名硕士研究生,为西南地区高校乃至全国高校输送了大量师资人才。四川大学日语专业是中国日语教育研究会常务理事、中国日本文学研究会常务理事以及中国日语教育研究会西南分会的常务理事单位。

日文系旨在培养面向21世纪“厚基础、宽专业、高素质” 的复合型高级专门人才,具备较高的日语语言文学基本理论及专业基础知识,精通日本语言并能以日本语言为工具从事日本语言、文学、文化、社会、经济等多方面的日本问题研究。本科生、研究生就业率一直接近100%,大量的毕业生考入北京日本学研究中心、日本东京大学、早稻田大学、京都大学、一桥大学、法政大学、筑波大学等攻读硕士或博士研究生。

日文系拥有一支业务水平高、教学经验丰富、科研能力较强的教学科研队伍。现有专任教师8人,博士后助理研究员2名,语言外教1名,高端外教1名,其中教授2名,副教授2名,讲师4名,副研究员1名、助理研究员2名。博士学位获得者8人。现任教师均多次获得日本住友财团“亚洲诸国日本关联研究”资助、日本国际交流基金、日本学术振兴会研究基金、国家留学基金等项目赴日本大学、研究机构访学、研究。本专业每年向日本早稻田大学、国立金泽大学、国立北海道大学、国立京都大学、同志社大学、一桥大学、大阪大学、大阪国际大学、关西学院等大学派出交换留学生。日本伊藤谢恩育英财团、日本三菱商社、NITORI国际奖学财团等日本企业每年为日文系学生提供学业奖学金。

日文系教师的研究着重于日本文学、日本语言学、日本文化、日语翻译理论与实践、日语教学与研究等方面,曾多次获得国家社科基金项目、教育部人文社会科学研究项目、四川省哲学社会科学规划项目。日文系还拥有一个日本研究中心和藏书6千册的日本文献资料库——犬饲文库,是西南地区唯一的日本研究资料库。学术型社团日本文化研究协会是日文系学生研究日本文化、社会的平台,拥有500多名会员的日语协会在四川大学展现的校园活动精彩纷呈,日剧字幕翻译组、外国语学院广播电台日语节目也都是日文系学生语言实践提升的平台。


四川大学日文系について

四川大学外国語学院日本語学科は、中日国交正常化後の1973 年に設立された中国において最も早く創立された日本語学科の一つです。設立年より全国に対し、学部生の募集を開始致しました。その後、1999 年に修士課程の大学院生の募集を開始し、2003 年には、教育部の認定によって、日本語言語文学の修士学位授与スポットとして、独立して学生を募集するようになりました。実績として、これまで二百余名の修士課程の大学院生を養成し、中国西南地区また全国の大学に多数の日本語教師を輩出しました。また、四川大学外国語学院日本語学科は中国日本語教育研究会、中国日本文学研究会及び中国日本語教育研究会西南部会の各常務理事校となっております。

日本語学科の目的は、21 世紀のニーズに応じ、「厚基礎(確かな基礎知識)、寛専業(幅広い専門知識)、高素質(高い素養)」の複合した高度専門人材を育成し、日本語日本文学の基礎的理論と専門的基礎知識を備え、日本語に精通し、日本語で言語、文学、文化、社会、経済などの日本についての問題を研究することにあります。学部生と修士課程の大学院生の就職率は100%に近く、進学についても、多くの卒業生が北京日本学研究センター、東京大学、早稲田大学、京都大学、一橋大学、法政大学、筑波大学等へ留学して、修士課程あるいは博士後期課程に進みました。

日本語学科は、教学経験が豊富で、研究能力の高い教師陣を備えております。現在、専任教員8 名、ポスドク助教研究員2 名、外国人教員1 名、高度人材の外国人教員1 名が在籍し、その陣容は、教授2 名、副教授2 名、講師4 名、副研究員1 名、助教研究員2 名となっております。尚、そのうち8 名は、博士号を取得しております。さらに、現任教員の多くは日本の公益財団法人住友財団による「アジア諸国における日本関連研究」の研究助成をはじめとし、国際交流基金、日本学術振興会研究基金、中国国家留学基金プログラム等より研究助成対象として認められ、日本の大学や研究機関を訪問し、研究を行った実績があります。

日本語学科より、毎年複数名が、早稲田大学、金沢大学、北海道大学、京都大学、同志社大学、一橋大学、大阪大学、大阪国際大学、関西学院大学などの日本の諸大学に交換留学生として派遣されています。また、日本伊藤謝恩育英財団、日本三菱商社、ニトリ国際奨学財団等の日本企業より学生に奨学金を提供していただいております。

本学科の教師陣は主に日本文学、日本語学、日本文化、日本語翻訳理論と実践、日本語教育学等の課題をめぐって研究を展開し、国家社会科学研究基金プログラム、教育部人文社会科学研究プログラム、四川省哲学社会科学研究プログラムを何度も獲得しております。また、本学科には日本研究センターと六千冊の日本語文献を収蔵する「犬飼文庫」を擁しており、これは西南地区において唯一の日本研究に関する資料室でもあります。そのほか、本学科の活動として、学術型学生部活団体である日本文化研究協会を主宰しており、そこは、学部生が日本文化、日本社会を学ぶ場となっています。また、メンバーが500 名を超える日本語協会もあり、四川大学内で多彩なイベントを行っています。例えば、ドラマ字幕翻訳のクラブ、外国語学院放送局日本語ラジオ番組などがあり、学生が日本語を実践的に使用する場となっています。